日本プラスト株式会社

ホーム沿革

沿革

沿革

昭 和

1948年10月 事業目的を合成樹脂加工販売メーカとして、営業開始
1948年10月 日産自動車株式会社吉原工場と取引を開始し、合成樹脂部品の納入を開始
1950年5月 日産自動車株式会社から、ステアリングホイールを受注
同年9月から納入を開始
1958年8月 東京都港区に、東京営業所を開設
(現在は厚木営業所と栃木営業所に分散)
1960年7月 静岡県吉原市青島に工場を建設、本社、工場を移転
1965年5月 日産自動車株式会社から20%の資本参加を受け、同時に東京中小企業投資育成株式会社において、転換社債4,500万円引受決定
1968年6月 本田技研工業株式会社と取引を開始
1969年9月 群馬県伊勢崎市八斗島町に伊勢崎工場(第一地区)を建設
1973年3月 群馬県伊勢崎市長沼町に伊勢崎工場(第二地区)を建設
1977年2月 福岡県築上郡新吉富村に九州工場を建設
1980年7月 群馬県伊勢崎市長沼町に伊勢崎工場(第三地区)を建設
1984年2月 アメリカ合衆国オハイオ州にニートンオートプロダクツマニュファクチャリングインコーポレイテッドを全額出資により設立

平 成

1989年7月 静岡県富士宮市山宮に富士宮工場を建設
1990年12月 社団法人日本証券業協会へ株式を店頭登録
1991年8月 インドネシア共和国ブカシ市に合弁会社ニホンプラストインドネシアを設立
1991年11月 富士宮工場に隣接し、テクニカルセンターを建設
1994年3月 メキシコ合衆国ケレタロ州エルマルケス市にニホンプラストメヒカーナ社を全額出資により設立
1997年1月 東京営業所を廃止し、厚木営業所、栃木営業所を開設
1998年9月 株式会社カンセイ(平成12年4月1日合併によりカルソニックカンセイ(株)に社名変更)と業務提携
1999年5月 静岡県富士市にエヌピーサービス株式会社を設立
1999年6月 富士工場・富士宮工場がISO9001を認証取得
2000年4月 アメリカ合衆国ジョージア州にニートン ローム インコーポレイテッド(NAPM全額出資)を設立
2000年9月 九州工場がISO9001を認証取得
2000年12月 富士宮工場がISO14001を認証取得
2001年7月 静岡県富士宮市北山に富士工場(1地区)を移転
富士宮工場を富士工場(2地区)と名称変更
2001年8月 QS9000を認証取得(伊勢崎工場及び九州工場はISO9001)
2002年1月 九州工場がISO14001を認証取得
2002年8月 伊勢崎工場及び九州工場がQS9000を認証取得
2002年9月 スズキ株式会社と取引を開始
2002年12月 富士工場1地区及び伊勢崎工場がISO14001を認証取得
2003年2月 中華人民共和国広東省中山市に中山富拉司特工業有限公司を伊藤忠商事(株)との共同出資により設立
2004年3月 第三者割当による新株式100万株を発行し、資本金を20億円に増資
2004年11月 タイ王国ラヨン県にニホンプラスト(タイランド)を全額出資により設立
2004年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場
2005年7月 第三者割当による新株式400万株を発行し、資本金を32億円に増資
2006年1月 静岡県富士宮市山宮に第2テクニカルセンターを開設
2007年4月 メキシコ合衆国ケレタロ州に、ニホンプラストメヒカーナとニートン・オート・プロダクツとの出資により、ニホンマグネシオを設立
2007年11月 静岡県富士市川成島に第3テクニカルセンターを開設
2008年3月 東京証券取引所市場第2部に上場
2008年8月 中華人民共和国湖北省武漢市に武漢富拉司特汽車零部件有限公司を全額出資により設立
2009年12月 静岡県富士宮市山宮のテクニカルセンター内に本社を移転
2010年11月 メキシコ合衆国ケレタロ州に、ニホンプラストメヒカーナとニートン・オート・プロダクツとの出資により、ニートン・オート・メヒカーナを設立
2013年11月 中華人民共和国広東省中山市に中国テクニカルセンターを開設

Page Top