日本プラスト株式会社

ホーム技術・設備技術

技術・設備

技術

様々なニーズにフレキシブルに対応する生産ラインと、高度な品質管理
MANUFACTUREING PROCESS

射出成形

射出成形画像

当社の樹脂成形のなかで基本となる工法です。薄肉化、ハイサイクル化に加え、樹脂自体の開発や関連設備の開発等により、価値ある製品を生み出しています。

RIM成形

RIM成形画像

特に人が触れる製品に軟質ウレタンが幅広く採用されています。型締力が小さくてすむのが特徴で、着色成形が行われています。ステアリングホイール・インパネ構成部品など比較的大型の製品に適用されます。

ブロー成形

ブロー成形画像

ダクト、タンク等の中空形状の機能部品に適用しています。またエアスポイラーのような厚肉断面で軽量化が望まれる意匠部品にも活用しています。

マグネシウムダイカスト

マグネシウムダイカスト画像

ステアリングホイールの芯金等強度が必要な部品に採用されています。また車の軽量化にも寄与しています。

加飾工法

加飾工法画像

商品価値を高めるため、樹脂成形品の表面に、布、フィルム、人工皮革等で加飾する工程です。品質の確保のため、ロボットによる自動化を進めています。

振動溶着

振動溶着画像

部材を水平方向に振動させ、発生した摩擦熱で2部材間の溶着固定が可能。固定部品を使う必要が無く、大型部品、特殊形状部品の溶着に適した工法です。

革巻ステアリングホイール

革巻ステアリングホイール画像

ドライバーが直接触れる革巻ステアリングホイールは、熟練した技で1本づつ大事に縫い上げています。

バッグ縫製

バッグ縫製画像

卓越した縫製技術と独自の品質管理により、いざという時に備えた高い信頼性を確保しています。

高鮮映性塗装

高鮮映性塗装画像

クリーン度の高いプラスチック部品専用塗装設備と高度な塗装技術により、車の塗装外観と同レベルの高鮮映性を実現しました。

アッセンブリー

アッセンブリー画像

エアバッグモジュールの構成部品はシリアル/ロット単位でトレサビリティ管理を実施、また独自のノウハウを生かした組立設備により、高い信頼性を保証しています。他の製品にもこの物造りに対する想いが生かされています。

Page Top